自分の愛車に大きい傷を作ってしまったら、どのような対策をとれば良いのでしょうか?
ちょっとした傷ならコンパウンドを使って手入れすれば分からない位になりますが、大きい傷になると自分で直すことは不可能でしょう。専門の修理工場に持って行き、プロに修理してもらうしかありません。
傷が大きいということはへこみも作ってしまっているケースが多いでしょう。へこんだ部分は板金塗装が必要になります。板金の手順を確認しておきましょう。まずは附属品を取り外す作業から始めます。次に修理する部分の塗装を剥がしていきます。専用の工具を使うとへこんだ部分が引き出されると、大きな傷がキレイに消えて元の状態に戻ります。さらにサンディングという作業に入りますが、この場合も専用の工具が必要になります。元々の塗料を同じ色の塗料を準備しなければなりませんが、年数が経っていると微調整が必要になります。作った塗料を塗っていきますが、傷の部分だけでなく広範囲に塗るため違和感がありません。最後に磨きを掛けて最終的なチェックを行い完了となります。
ここまでの作業を見ると分かるように、自分で修理することは不可能なことでも専門の修理工場なら丁寧に作業してくれます。