仕事に忙殺されていると、仕事以外のことが疎かになりがちになって期限までにやらなければならないことをすっかり忘れてしまい、期限が過ぎてしまうことがあります。誕生日の前後1ヶ月間の間に済まさなければならない免許の更新も、このよく忘れがちなことの一つです。
有効期限内に免許の更新をすることを忘れた場合、免許は失効します。しかし、失効してから6ヶ月以内であれば、料金を支払って適性検査と免許更新時と同じ内容の講習を受講するだけで運転免許を再取得することができます。失効後の免許の再取得は、住民票の原本、失効した免許証、申請用の写真1枚など、必要なものを持参して運転免許試験場に訪れて、所定の手続きを行えば可能です。
免許が失効して6ヶ月以上が経過していた場合、失効してからの経過期間が1年以内で、なおかつ所有していた免許が大型自動車、中型自動車、普通自動車の免許だった場合に限り、この区分の仮免許の学科試験と技能試験が免除されます。この状態から免許を再取得するためには、本免許の学科試験と技能試験に合格する必要があります。ただし、免許が失効した理由がやむを得ない理由によるものだった場合は、失効してから3年が経過していなければ、やむを得ない理由だったことを証明可能な書類を提出することで、適性検査と講習を受けるだけで免許の再取得が可能となります。