車に長く乗り続ける場合、1~3年に1度は必ず運輸支局の施設内で車検(継続検査)を受けて、検査証を更新しなければなりません。しかし、中には他の用事を優先して継続検査の受検を後回しにしたことをすっかり忘れて、気がついた時には検査証の有効期間が満了していたといったケースもあります。
検査証の効力が切れた場合、効力が切れたことそのものに対するペナルティーはなく、運輸支局に車を持ち込んで検査を受けて合格すれば、新しい検査証の交付を受けることができます。ただし、運輸支局に車を持ち込む場合、無効の検査証を持ったままで公道上を走行するのは法律違反となっており、罰金が科せられる場合があります。そのため、臨時運行許可の手続きを行って仮ナンバーを取得するか、運搬車を使って車両を運輸支局まで運ばなければなりません。
また、検査証の更新を忘れた場合は、自賠責保険の有効期間についても確認する必要があります。検査証の有効期間が満了していると、自賠責保険の有効期間も満了しているか、有効期限が近づいている可能性があるからです。もし、自賠責保険の有効期間が過ぎていたのであれば、検査を受ける前に必ず自賠責保険の加入手続きを行いましょう。